食事宅配のボリュームは値段に比例する?実際のところは…

 

 

調べてみたらけっこう宅食のメーカーって多いんだけど、けっこう値段が違うよね。

 

値段が違うってことはやっぱりボリュームが違うのかな?


 

 

って思うじゃない?

 

でも、実際のところはそうじゃなくって、ボリュームが少なくても値段の高いところはあるの!

 

それぞれの宅食サービスの値段と特徴を教えるから参考にしてみて!


 

いまや宅食サービスもいろんなメーカーが参入していろんなものが食べられるようになりました。

 

 

ただ、宅食メーカーによってそれぞれ特徴(誰向けなのか)が違います

 

 

・ボリュームや味重視
・食べやすさ重視
・幅広い方向け

 

 

ここでは、各宅食サービスの特徴と値段について触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

メーカー 価格(1食) 送料 ボリューム
食宅便 560円〜 無料 おかず5品
ウェルネスダイニング 663円〜 756円(定期で半額) おかず4品
彩ダイニング 599円〜 700円(7個以上無料) おかず4品
わんまいる 820円〜 500円(初回無料) おかず3品
美健倶楽部 758円〜 650円〜 おかず3品(ご飯付きもあり)
健康三彩 698円〜 670円(初回無料) おかず3品
楽らく味彩 339円〜 無料 おかず3品

 

比較するとけっこう値段の差がありますし、送料も最初から無料だったり、初回だけ無料だったりとサービスもけっこう違います。

 

 

わたしが体験した限りだと、『食宅便』『楽らく味彩』がボリューミーで食べごたえがあると感じました!

 

 

この2つは万人向けなイメージがありますね。

 

 

逆に、『ウェルネスダイニング』はボリューム不足…というより、食材がかなり細かく刻まれていて柔らかく少なめなので、高齢者向けなんだと思います。

 

 

値段も送料もとくに高い『美健倶楽部』は、とくにボリュームが多いとは思わないですが、玄米を選べたり、塩分・カロリーの調整をしつつも必要なカルシウムやたんぱく質を摂れるよううまく調整してくれた健康食になってます。

 

 

厚生労働省の栄養基準に基づいた『健康食』とのことなので、この手間ヒマ代なのかもしれません(^^;)

 

【それぞれの宅食サービスの特徴!】
■食宅便
・ボリュームと品目重視
・万人向け(高齢者は微妙)

 

>>食宅便の体験口コミはこちら

 

■ウェルネスダイニング
・食べやすさ重視でボリュームは微妙
・高齢者向け

 

>>ウェルネスダイニングの体験口コミはこちら

 

■彩ダイニング
・食事制限でボリュームは微妙
・糖尿病や腎臓病の方向け

 

>>彩ダイニングの体験口コミはこちら

 

■わんまいる
・食材が大粒で食べごたえ重視
・一人暮らしや二人暮らしの夫婦向け

 

>>わんまいるの体験口コミはこちら

 

■美健倶楽部
・健康的な食事重視でボリュームはまぁまぁ
・糖尿病やダイエットの方向け

 

>>美健倶楽部の体験口コミはこちら

 

■健康三彩
・食事制限しつつもボリューム重視
・塩分やカロリーを控えたい方向け

 

>>健康三彩の体験口コミはこちら

 

■楽らく味彩
・ボリューム&コスパ重視
・高齢者向けの柔らか調理

 

>>楽らく味彩の体験口コミはこちら

 

個人的には、値段の割には美味しくて食べごたえのある『食宅便』がオススメです。

 

 

1食560円で、炊いたご飯1杯で30円〜50円ほどなので、1食約600円前後とコスパが◎

 

 

どんなメニューがあるか、良かったら食宅便の体験口コミをご覧ください(^^*)

トップへ戻る