腎臓病の方向け!負担のかかりにくいオススメ宅食サービス3選!

腎臓病の方向け!負担のかかりにくいオススメ宅食サービス3選!

 

血液検査で腎臓の数値がマズいことに…!

 

食事制限していかないといけないから、塩分とかたんぱく質は控えようと思ってるけど、どういう料理を作ればいいのかしら。

 

献立を考えるのも大変だし、できればそういうのに適した宅食サービスがあればいいんだけど…


 

 

宅食サービスの中で、制限食に特化したサービスがいくつかあります。

 

その中でも、腎臓病の方の為の『たんぱく質・塩分制限』があるメニューを厳選しました!

 

宅食って各メーカーでけっこう違いがあるから、きちんと特徴を見て判断したほうがいいですよ。


 

腎臓病の方ですと、ステージごとに摂取基準が以下のように設けられています。

 

クレアチニン(Cr)1〜2:過剰摂取をしない
クレアチニン(Cr)2〜4:0.8〜1.0g/s標準体重/日
クレアチニン(Cr)4以上:0.6〜0.8g/s標準体重/日

 

例)身長155cm/クレアチニン(Cr)2〜4 の場合だと…

1.55(m) × 1.55(m) ×22 = 52.8kg(標準体重)
52.8kg × 0.8 = 42.24g(1日のたんぱく質)
52.8kg × 1.0 = 52.8g(1日のたんぱく質)

 

1日のたんぱく質の摂取量:42.24g〜52.8g

 

こういった条件を満たせるだけのクオリティを持った宅食はいくつかあります。

 

ここでは、その中でも制限食に力を入れつつ、美味しさ・食べやすさを追求したオススメの宅食サービスをご紹介しますね。

 

つるかめキッチン

つるかめキッチンのポイント
・1食たんぱく質10g以下/塩分2.0g以下のコースがある
・塩化ナトリウム&カリウムも制限
・魚の骨の除去など食べやすさにも配慮
・品目を多く摂れて栄養バランスも◎
・高速冷凍で高品質なまま数カ月保管

 

「制限しないといけないけど、味気ない食事はちょっと…」

 

という方にうれしいのが、つるかめキッチンのコースの一つ『たんぱく&塩分制限気づかい御膳』です。

 

たんぱく質と塩分はしっかりと抑えているのに、肉・魚・野菜を使った主菜1品+副菜3品の栄養バランスの良い食事内容になってます。

 

品質を損なわないように、調理後に急速冷凍技術で鮮度が高いまま家まで届けてくれます♪

 

数カ月と長くストックできてその日のうちに無理に食べる必要なく、好きなものから順に食べられる自由度の高さも◎

 

\毎月先着!28%OFF&送料無料/

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングのポイント
・1食たんぱく質10g以下/塩分2.0g以下のコースがある
・腎臓病に必要なカロリー(300kcal以上)
・歯が弱い/飲み込む力が弱い人の柔らか食もあり
・常駐の管理栄養士に食生活まで相談できる

 

ウェルネスダイニングは、食べやすさ(食べやすい大きさや柔らかさ)と食事制限ができる宅食サービスです。

 

コースの中には

 

・たんぱく質は10g以下
・塩分は2g以下
・カリウムは500mg以下

 

といった、たんぱく質の制限コースがあります。

 

主菜は1品、副菜3品(十数品目)で栄養バランスが◎!

 

制限食にすると不足しやすいカロリーも、これならしっかりと補えます。

 

また、メニューのなかには

 

・低糖質・低カロリーごはん
・1/35の低たんぱくごはん

 

といったものも取り扱いがあるので、組み合わせることでもっと効率的に!

 

\3分のWEB注文で初回限定の送料無料/



 

食宅便

食宅便のポイント
・1食たんぱく質13g前後/塩分2.0g以下のコースがある
・カリウムが500mg、リンは270mgまで抑えた徹底ぶり
・たんぱくケア食のコースがA〜Gと7種類もある
・ポイントを貯めて好きな商品と交換できる制度がある
・自分で好きなものを選べる『おこのみセレクト』コースあり

 

食宅便はコースとお弁当の種類が豊富な宅食サービスです。

 

・塩分ケア
・カロリーケア
・たんぱくケア
・低糖質セレクト

 

といったあらゆる制限食が選べて、主菜1品+副菜4品と品目が多く摂れて、栄養バランスバッチリ!

 

和・洋・中のあらゆるジャンルのお弁当だけじゃなく、どんぶりやスイーツなどもあって飽きのこないレパートリーの多さとなっています。

 


トップへ戻る