宅食サービスはどのように比較すれば?8個の判断ポイント!

宅食サービスはどのように比較すれば?8個の判断ポイント!

 

宅食サービスはどのように比較すればいい?8個のポイントとは

今や宅食サービスは多数存在しています。

 

それぞれにサービス内容も異なり、多種多様な商品を取り扱う為、あなた自身が宅食サービスを利用しようと思っても、やはりどこを利用すれば良いか迷ってしまうんじゃないでしょうか。

 

ここでは、宅食サービスのどのような点を比較すれば良いか8個のポイントをご紹介したいと思います!

 

宅食サービスを選ぶ際のポイントは?
ポイント@配達エリアであるかどうか

まず、あなたの住む地域が食材宅配を行ってくれるエリアがどうか、それらを確認しておく必要があります。

 

宅配業者が全国対応している宅食サービスを利用する場合は、エリアが限定されていることは少ないものの、各宅食サービスが独自で配達まで行っているという場合は、エリアを限定していることの方が多く、詳細をきちんと確認しておくようにしましょう。

 

事前にリサーチする際は、食材宅配サービスの公式ホームページをチェックし、配達可能エリアかどうかを確認しておきましょう。

 

ポイントA:価格は妥当な料金であるか

食材宅配サービスを利用する際は、全てを自炊で行うよりも割高になることが多いです。
人によっては、決められた分量以外の食材を買う必要もないことから、割安になるという意見もありますが、ほとんどのご家庭の場合は、どうしても費用が嵩んでしまうことを念頭に置いておく必要があります。

 

価格帯についても、1食あたり300〜800円と幅広く、各宅食サービスの業者によって、また、設定しているコース内容によって費用は異なります。

 

目的に応じた食材を宅配してもらうことになると、それだけ費用の幅があることから、決して価格が安いとも言い切れません。
食材内容や栄養バランスの他、様々な面について考慮し、納得して食材宅配サービスの利用をオススメします。

 

ポイントB注文単位の数はいくつから配達可能かどうかを確認しておく

食材宅配サービスには、注文単位というものがあり、1食なのか2食なのか、3食なのか、また、5日間コースなのか6日間コースなのか?
これらによって全て費用も異なります。

 

また、1日だけ利用することができるかなど、それぞれの宅食サービスの業者によって規定は異なる為、あなた自身が利用したい目的に合わせた宅食サービスを選ぶことが大切です。

 

ポイントCおかずタイプかお弁当タイプかを選択できる

食材宅配サービス業者の中には、宅配弁当を取扱う業者も多く、その場合は、お弁当にご飯が付いたものか、それともおかずだけであるかによって、あなた自身の食事の準備も変わってきます。

 

主食を準備するかしないかなどを柔軟に選択できることもポイントです。

 

ポイントD常温か冷凍か冷蔵か?どのタイプで配達してくれるのか

食材宅配サービスを利用する際、食材が常温、冷凍、冷蔵のどのタイプで配達されるか確認しておくことが大切です。

 

あなたが選択した食材を、適した方法で調理できることを確認して食材のタイプを選択しましょう。

 

ポイントE見守りサービスがあるかどうか

高齢になった両親のもとに宅食サービスを利用する方が増えてきました。

 

それは、安全な食事を摂ってもらいたいという願いだけではなく、高齢になった両親が健康に生活できている科の安否確認を行うというものです。

 

もしも異変があった場合には、緊急連絡をしてもらえるサービスを活用する為に、娘や息子が宅食サービスを利用しているという場合があります。

 

遠方に住む両親が高齢になって心配な方は、このようなサービスを提供してくれる宅食サービスを利用されることをオススメします。

 

ポイントF食べたいメニューが献立にあるかどうか

多くの宅食サービスは、それぞれに管理栄養士が監修した栄養バランスやカロリーが計算された献立メニューを提供しています。

 

また、献立に飽きがこないよう配慮したメニューを数多く展開しています。

 

その為、あなたが食べてみたいもの、選んでみようと思うコースを自由に選択することができます。

 

また、健康なからから持病を患う方、さらに、高齢者向けの栄養管理された献立を提供しています。

 

それらの要素を考慮して、宅食サービスを利用するようにしましょう。

 

ポイントG美味しい宅食サービスであるかどうか

宅食サービスを利用する上で最も重要なことは、その食事内容が全て美味しい仕上がりになるかどうか、また、美味しい宅配弁当を宅配してもらえるかどうかが、今後、宅食サービスを長く続けることができるかの判断となります。

 

その為には、いきなりそのまま注文するのではなく、お試しキャンペーンなどを実施している宅食サービスを利用してみると良いでしょう。

トップへ戻る