宅食は冷凍?それとも日替わり?メリット・デメリットなど比較

宅食は冷凍?それとも日替わり?メリット・デメリットなど比較

 

宅食サービスは、基本的に冷凍でまとめて届くタイプか日替わりで毎日届くかの2種類です。

 

どちらも一長一短があるので、あなたの環境に合わせて選ぶことが大切です!

 

冷凍のメリット・デメリットは?

冷凍のメリット

・数カ月保存できるからいざというときのストックに
・まとめて届くから毎日受け取りの面倒くささがない
・好きなメニューから食べられる

冷凍のデメリット

・冷凍庫が圧迫される
・湯せんするタイプだと鍋や火を使って手間
・特定のメニューで飽きる場合がある

 

日替わりのメリット・デメリットは?

日替わりのメリット

・毎日できたてを食べられる
・メニューが定期的に一新される
・送料無料なパターンが多い

日替わりのデメリット

・期間内は一泊二日などの旅行ができない
・毎日食事を受け取るのが手間
・容器を洗って帰す必要がある

 

あなたの生活スタイルに合わせて選ぶのが基本かと思いますが、個人的には…

 

・普段はよく料理をする方
 → 冷凍タイプ

 

・料理が苦手 or 料理をする暇がない方
 → 日替わりタイプ

 

こういうイメージで利用されると良いかと思います。

 

宅食を選ぶ大切なポイント8選!

今や宅食サービスは有名どころからローカルなところまで多数あります。

 

それぞれにサービス内容も異なり、多種多様な商品を取り扱う為、あなた自身が宅食サービスを利用しようと思っても、やはりどこを利用すれば良いか迷ってしまうんじゃないでしょうか。

 

ここでは、宅食サービスのどのような点を比較すれば良いか8個のポイントをご紹介したいと思います!

 

宅食サービスを選ぶ際のポイントは?
ポイント@配達エリアであるかどうか

まず、あなたの住む地域が食事の宅配を行ってくれるエリアがどうか確認しておく必要があります。

 

宅配業者が全国対応している宅食サービスを利用する場合は、エリアが限定されていることは少ないものの、各宅食サービスが独自で配達まで行っているという場合は、エリアを限定していることの方が多く、詳細をきちんと確認しておくようにしましょう。

 

事前にリサーチする際は、食材宅配サービスの公式ホームページをチェックして配達可能エリアかどうかをチェック!

 

ポイントA:料金はほんとうに妥当?

宅食サービスは、基本的に自炊するよりも割高になることが多いです。

 

価格帯については、1食あたり300円代〜1000円代(送料込みで)と幅広く、各宅食サービスの業者や設定しているコース内容によって価格は異なってきます。

 

平均は500円とワンコインレベルですが、サービスの種類によっては税抜き表示で送料別なんてケースもあるので、事前に計算して確認することをおすすめします。

 

ポイントB注文単位の数はいくつから配達可能かどうかを確認しておく

宅食サービスによって注文個数は違ってきます。
1日1食だとして、7食(1週間分)だったり、3食分だったり…

 

たとえば、『ヨシケイ』ですと、1回の注文で3食まとめて冷凍、ヨシケイの方が弁当配達をしてくれます。

 

『ワタミの宅食』ですと、1回の注文で5食を毎日(5日間)日替わりの弁当を配達してくれます。

 

これで料金は大きく違ってきますし、利用するのが家族か独身かでも大きく違ってきます。

 

ポイントCおかずタイプかごはん付き弁当タイプかを選択できる

よくある弁当屋の『ほっかほっか亭』や『ほっともっと』などですとほぼすべてご飯付きですよね。

 

でも、実は…
宅食サービスの多くがおかずのみのタイプです!

 

それを知らずに宅食が届いたら「あれ?ごはん付いていない!」という結果になりかねないです。

 

宅食の公式ページにご飯付きかおかずのみかはきちんと書かれていますので、注文する前に確認は必須!

 

ご飯付きの宅食サービスは少ないので、そういうのが良い方は

 

・ワタミの宅食
・食宅便(おこのみセレクトコース)
・美健倶楽部(BC400など)

 

を選ぶのがおすすめです。

 

ポイントD食べたいメニューが献立にあるかどうか

多くの宅食サービスは、それぞれに管理栄養士が監修した栄養バランスやカロリーが計算された献立メニューを提供しています。

 

メーカーによってはいろんな特徴があります。

 

・単純にカロリー制限を謳っているもの
・糖質制限や塩分制限が専門
・ボリューム感を重視
・安い(コスパ)を重視
・ソフト食など高齢者向けメニュー

 

「最初にこの宅食サービスを見たけどとりあえずこれでイイヤ」

 

という風にせず、おおまかにでも宅食のメニューの内容などをチェックしたほうが良いです!

 

もしもこれから宅食を始める方は、良かったら簡単にあらゆる宅食メーカーの大切なポイントなどをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

>>宅食サービスの種類・メーカーごと徹底比較

トップへ戻る