宅食は高齢者の方にとって必須?

宅食は高齢者の方にとって必須?

高齢者にとって宅食サービスは必須?

 

2015年の終わりの時点で、国内の80歳以上の高齢者が1千万人を超えたと総務省が発表しました。

 

しかも、2035年の頃にはさらに高齢者が増え、3人に1人の割合が高齢者ということに!

 

そして、高齢になると問題なってくるのが食事です。

 

高齢になると食事の栄養バランスが崩れる!

 

・硬いものが食べられなくなってくる
加齢で歯が弱くなったり、嚥下機能が下がったりするため、硬いものやサイズの大きいものが食べられなくなってきます。

 

・一人暮らしの高齢者の孤食
高齢で一人暮らしをすると食事が楽しくなくなり、料理をするのも面倒になるため手軽に済ませてしまう傾向があります。

 

・食欲の低下による低栄養
食事の量が減ってきてしまう為に、栄養が足りず身体の免疫機能がより低下してしまい、病気になりやすくなります。
身体を作るのに必要な栄養も足りない為、足腰が弱くなって寝たきりになる可能性も…

 

・味覚が低下して味の濃い物を食べるようになる
年齢を重ねると、舌の味蕾(みらい)というセンサーのうち『塩味』に対してだんだん鈍くなってしまいます。
すると、コンビニや外食で味の濃い食べ物ばかりを選ぶようになってしまいます。

 

 

今後、なにかと不自由が多くなってくる高齢者の方にとって、宅食サービスはとても役に立つサービスになってきます!

 

宅食は高齢者にとってありがたいサービス盛りだくさん

宅食はヘルシー志向なサービスが多い為、とにかくたくさん食べたい若者というよりは、むしろ高齢の方やダイエットを考えている方などに向いています。

 

・柔らかくて舌でも潰せるほど柔らかい食事
→ 歯や噛む力が弱くなってしまった方
・栄養バランスを考えた食事(15品目や20品目など)
→ 偏った食事ばかりの環境の方
・塩分、糖質、カロリーを制限しつつも味わい深い食事
・最近病院の診断で予備軍として引っかかってしまった方など

 

あなたが上のことに一つでも当てはまっているようでしたら、宅食を始めてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

>>高齢者向けの宅食サービス比較ランキング!

トップへ戻る