宅食って高級なところばかりなの?実際は…

 

 

宅食っていうと、安全性・品質・無添加へのこだわりが強いからかプチ高級なイメージもあるんじゃないでしょうか。

 

でも…
いまは宅食も数がとっても多くて、コスパの面なども含めて比較できて自分に合ったサービスを選べます♪

 

◆1,000円以上するけど品質・無添加・身体を気遣う食事
◆340円ほどのコスパ重視なサービス
◆ワンコインでコスパと安全性のバランス型
◆500〜700円ほどの制限食(塩分・糖質・カロリー・タンパク質など)

 

宅食=高級ではなくて、実は宅食って身近な存在なんです。

 

たとえば、わたしがよく利用している『ワタミの宅食』。

 

 

宅食サービスの中ではかなり安い食事(約500円〜)で食事が楽しめます。

 

5日間か1週間の配達が選択できて、1日1食日替わりを届けてくれるサービスです。
ワタミのメニュー(コース)は4種類あって、そのどれかを選択します。

 

宅食は基本的におかずのみが多いですが、ワタミの宅食は珍しいご飯付きの弁当もあるのがうれしいポイント!

 

ご飯の用意もなかなかしんどい独身の高齢者や、働いている一人暮らしの方、共働きの方にはとくにありがたいですよね。

 

デメリットといえば毎日届くから一泊二日などの旅行をするタイミングが難しいです…(汗)

 

・サラリーマン(もしくはOL)で平日の5日間のみ利用する
・日帰りなどであまり長期外出をしない方

 

ワタミの宅食を利用するタイミングはちょっと考えないといけませんが、宅食では珍しい送料無料で500〜600円ちょっとの値段なのに美味しい食事が楽しめるのはかなりのメリットじゃないでしょうか。

 

高級な宅食は無添加へのこだわりが強い?

 

ちょっと高級なものですと、わたし自身利用したことがある『わんまいる』。

 

 

管理栄養士による献立はもちろん、老舗の惣菜専門店などプロの料理人による調理も含めてこだわりの手作り料理が食べられます。

 

さらに、宅食の中でも数少ない

 

・合成着色料を不使用
・合成保存料を不使用
・主原料はすべて国産100%
・海の幸は目利きの魚屋から仕入れ
・ブランド豚やブランド鶏の畜産家との契約

 

などなど、食へのこだわりが強いです。
品質管理だけじゃなく、味や食材そのものへの安全性もしっかりしているんですね。

 

食事セット(主菜1品、副菜2品)だけじゃなく、各惣菜も1品1品販売しているので、好きなものを単品だけや追加購入もできます。

 

値段は1,020円(税込)なので、健康と安全性重視の方向けですね。
ちなみに、おかず1品ずつ冷凍で届くので湯せん解凍です。

 

値段が安いほうがいい!という方は…

 

圧倒的に安い料金を目指しているのでしたら、初回限定で驚愕の約170円でお試しできる『楽らく味彩』がおすすめです。

 

 

宅食ではおかずの品数とボリュームは多くありませんが、圧倒的な安い値段からいざというときのストックおかずとして重宝できます。

 

味付けがしっかり濃いめなのでいままでの宅食の健康的な味付きに満足できない方はこちらを利用するのも手です。

 

・和洋中のバラエティの富んだメニュー
・配達送料は何度でも無料
・当日の朝5時まで注文、キャンセル可
・初回半額(約340円→約170円)

 

注文の自由度の高さとコスパの良さが楽らく味彩の魅力ですね。

 

宅食の答えは一つじゃない!

 

 

こんな感じで、宅食=高級というイメージがすこしは払しょくできたんじゃないかと思います。

 

始めやすい良心的な価格から本格的なところまで、当サイトではあらゆる宅食サービスを徹底比較していますので、良かったら参考にしてみてください。

 

宅食の体験談・レビューや、どんな方向けなのか徹底ナビゲートしております。

 

>>宅食 比較ナビ

トップへ戻る