トップページ
ちゃんこ蔵間 お品書き
ちゃんこ蔵間 店舗紹介
ちゃんこ蔵間 絶品ちゃんこ鍋
ちゃんこ蔵間 宅配サービス
ちゃんこ蔵間 おいしい作り方劇場
ちゃんこ蔵間 人気力士!蔵間関
ちゃんこ蔵間 人気力士!蔵間関
ちゃんこ蔵間 人気力士!蔵間関
ちゃんこ蔵間 人気力士!蔵間関
ちゃんこ蔵間 スタッフ紹介
ちゃんこ蔵間 リンク集
ちゃんこ蔵間 お問い合わせ
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間店舗紹介
ちゃんこ蔵間 お問い合わせ

! 「ちゃんこ蔵間」の名は昭和51年から平成元年にかけ、幕内で「土俵の華」として活躍した蔵間関に由来しています。引退後はタレントとしても活躍し、ジャンルを問わず多くの人々から愛された蔵間関についてご紹介しましょう。

蔵間関とは 「ちゃんこ蔵間」の名は昭和51年から平成元年にかけ、幕内で「土俵の華」として活躍した蔵間関に由来しています。引退後はタレントとしても活躍し、ジャンルを問わず多くの人々から愛された蔵間関についてご紹介しましょう。
「ちゃんこ蔵間」の名は昭和51年から平成元年にかけ、幕内で「土俵の華」として活躍した蔵間関に由来しています。引退後はタレントとしても活躍し、ジャンルを問わず多くの人々から愛された蔵間関についてご紹介しましょう。

プロフィール 本名:蔵間龍也(くらまたつや) 生年月日: 昭和27年12月16日 身長:188cm 体重:136kg 出身地:滋賀県野洲郡出身      時津風部屋所属
本名:蔵間龍也(くらまたつや)
生年月日: 昭和27年12月16日
身長:188cm
体重:136kg
出身地:滋賀県野洲郡出身
     時津風部屋所属
初土俵:昭和43年9月
     新十枚目:昭和50年5月
新入幕:昭和51年7月
最高位:関脇 / 敢闘賞:1回 / 技能賞:2回
引退:平成元年9月
年寄名:錣山
平成7年1月26日没(42才)

蔵間関は「ちゃんこ蔵間」と同じ滋賀県の野洲郡生まれ。
 蔵間関は「ちゃんこ蔵間」と同じ滋賀県の野洲郡生まれ。鉄工所を経営する祖父、ジャーナリスト(新聞記者)の父のもとに生まれました。優しく、のんびりとした性格でしたが、恵まれた身体と天性の運動センスにより、近江八幡工業高校時代はラグビー部に所属し、セカンドローとして活躍する他、かじる程度にやっていた柔道でも2段の腕前でした。ある日、その柔道の賞状を受けとるために講道館近江八幡支部を訪れた時のこと。当時支部長であった吉田正太郎氏がその才覚を見込んで、時津風親方(双葉山)へ「いい青年がいる」と速達で連絡をされました。連絡を受けた時津風親方は枝川親方(北葉山)をスカウトとして送り、勧誘を受けた蔵間関はそのまま時津風部屋へ入門することとなったのです。力士「蔵間」の誕生です。

 初土俵は昭和43年9月でした。初期の頃は突っ張りを軸に相撲を取っていましたが、体重が少ない内は相手に残されて負ける場合も多く、負け越しは少ないものの4勝3敗できわどく勝ち越す場所が多くありました。もともと淡白な性格で勝負執念を露にして取るタイプではなく、大勝もしないため、出世もそれほど速くなく、実力はあるがマイペースな力士であると評されることが多かったようです。またラグビーをしていた影響で、スクラムの癖が弱点となり、直すのに苦労をしたという話も残っています。
 そんな蔵間関でしたが、昭和51年7月に力士不作の地といわれる滋賀県においては大正11年1月に入幕した伊吹山以来の幕内力士として地元を大いに盛り上げてくれました。取り口も次第にスケールの大きなものに変わり、得意の形で横綱・大関に地力を見せ、善戦することも多々ありました。もともと柔軟な体と素質の良さには定評があり、昭和53年1月に2大関を破って10勝を上げ、敢闘賞を受賞した時にはいよいよ大関候補が目を覚ましたと騒がれました。

 この頃、時津風親方が蔵間の故郷滋賀県にある三上山にちなんで、その別名である「近江富士」に改名させようとしたというエピソードがあります。しかし、三上山は標高が低く見栄えもよくないため、地元の関係者が異議を唱え、結局「蔵間」の名が残されたそうです。この時、もし改名していれば、当店「ちゃんこ蔵間」の名前も生まれていなかったでしょうね。 将来を期待され続けた蔵間関。その後関脇まで昇進し、再三に渡って上位の力士を脅かし続けました。しかし様々な故障、特に腰の負傷に苦しみ、それ以上の昇進はなく、昭和63年5月を最後に幕下へ陥落し、平成元年9月に引退することとなりました。土俵に上がるときは廻し以外のものを付けることを嫌い、どんなに痛くとも廻しのみで相撲を取るなど、相撲に真摯に取り組む姿勢には皆が好感を抱き、また美男でもあったため、常に人気のある力士として戦い続けることができた土俵人生でした。

 引退後は錣山を襲名しましたが、治療に専念する等の理由から翌年には廃業し、タレントとして再出発しました。もともと話が巧かったことも功を奏し、分かりやすくサービス精神に満ちた相撲解説が大人気。蔵間関の解説に惹かれて相撲ファンになったという人も数知れず、タレント・解説者としての蔵間関の評判はウナギ登りでした。しかし、評価の高い解説とは裏腹に優勝予想は面白い程に的中せず、候補に上げられた力士が嫌がってしまう有り様でした。とはいえ、その人間臭さがまた人気を集めた所以であったともいえます。 順風満帆かに見えた蔵間関でしたが、持病の慢性白血病が悪化(急性転化)し、平成7年1月26日、翌日の骨髄移植の予定も間に合わず急逝しました。最後の優勝予想、初場所の「貴ノ花」を的中させ、その結果を見届けるかのように亡くなったそうです。まだ42歳の若さでした。

 何年か経った今でも、蔵間関の大らかな人柄を偲ぶファンの方々がたくさんいらっしゃいます。当店もその一ファンであり、皆から愛された蔵間関の精神を受け継ぐものとして、その名に恥じないよう努力を続ける日々です。お店にお立ち寄りいただく際はぜひ蔵間関ゆかりの品をご覧ください。手形や化粧廻し、そして蔵間関の凛々しい写真を飾らせていただいております。

(C) Copyright 2007 chanko kurama company limited All rights reserved.