タンパク質制限の重要性|恐ろしい腎臓病という疾患(最悪は透析)に注意!


にぎりん
腎臓が悪くなる(腎機能の低下)と人工透析が必要になって、週3回、1回4時間は通い詰めになるんだ。糖尿病や高血圧も関係するから糖質や塩分量にも注意しないと💦

 

最近は、タンパク質がブームになっていて、食事の選択肢も多く(外食・配達・惣菜)便利な世の中になりました。

ただ、それが結果的に自身の身体を痛める結果になっているかもしれません。

 

以前はマッチョが飲むプロテインドリンクも、現在ではデスクワークの方でも飲む状況になりました。

その結果、腎機能を低下させてしまい、早ければ30代でも人工透析が必要になっている場合も…

 

腎臓病のタンパク質制限の具体的な数値は?

腎臓病対策・予防として大事なのは、1日に決められたたんぱく質の量を超えすぎない事です。

軽度な場合なら、通常の通りのたんぱく質量で問題ないとされています。

 

>>1日に必要なたんぱく質の量は?

 

■正常な場合 通常の摂取量

■ステージ1 通常の摂取量

■ステージ2 通常の摂取量

■ステージ3a 0.8~1.0

■ステージ3b 0.6~0.8

■ステージ4 0.6~0.8

■ステージ5 0.6~0.8

 

たんぱく質を制限する時には、体重1kgあたりに数値をかけて算出する形になります。

タンパク質制限だけじゃなく塩分制限も同時に!

たんぱく質の制限はもちろん、高血圧予防の観点からも塩分制限も同時に行っていく事が推奨されています。

具体的に言えば、1日の塩分量を3~6g程度に抑える事が推奨されています。

 

1日3食だとすると、1食毎で1g~2gの範囲なので、かなり味の薄い食事に感じてしまう部分もあります。

タンパク質の制限食は宅配弁当に任せるとかなりラク

今は昔と違って、多くの宅食サービスが誕生していることに加えて、それぞれの業者では、持病をお持ちの方に向けた食事メニューを提供しています。

その中でも、特に腎臓病を患っている方の食事療法はとても難しく、1日に摂取するたんぱく質の量や塩分、カロリーなど、細かくコントロールしなければなりません。

 

その為、自宅で食事療法を実施することはとても大変であると言われています。

 

そのような時こそ、腎臓病食を宅配してくれる宅食サービスを上手に利用することで、しっかりと栄養をコントロールできるのです。
ここでは、腎臓病の方にオススメの宅食サービスをご紹介したいと思います。

1.ウェルネスダイ二ングのお弁当宅配

ウェルネスダイニングは、管理栄養士監修の、栄養計算されたメニューを展開しています。また、1食あたり300kcalに抑え、塩分も2g以下に抑えた健康志向の食事メニューである為、腎臓病の方も安心して食べることができます。
想像している制限食の内容とは異なり、塩分やたんぱく質、カリウムに配慮しながらも、色鮮やかな素材を大切にし、見た目も美味しそうです。
実際に食べてみると食欲が増すような味付けとなっている為、毎日美味しく摂取できることがウェルネスダイニングの人気の秘密です。
食べたいものが食べれない・・・といった辛さから解放されるような新メニューも毎月展開されている為、飽きのこない食事を楽しむことができます。
1食ずつ冷凍されている為、食べる直前に電子レンジで温めるだけですぐに食べることができます。
また、腎臓病の方向けに、低たんぱくご飯などを購入することもできます。

【ウェルネスダイニング】腎臓病の方にオススメのメニュー

カロリー制限気配り宅配食(7食4500円~)
塩分制限気配り食(7食4500円~)
たんぱく質&塩分制限気配り食(7食4500円~)
>>ウェルネスダイニングの口コミ!気配り宅配食を体験しました

2.彩ダイニングのお弁当宅配

彩ダイニングはカロリー、塩分、たんぱく質の制限が必要な腎臓病の方向けの食事メニューを提供している宅食サービスです。
1食当たりのカロリーは240kcalととても低カロリーで、かつ塩分は2g未満としている為、持病をお持ちの方も安心して食べることができます。
彩ダイニングは、毎日食べても飽きないくらいの豊富なメニューのバリエーションが揃っています。
また、1食からの注文も受付可能であることから、好きな時に好きなメニューを選んで注文することができます。
腎臓病食は、毎日自宅で自炊して作るとなると、どうしてもひと手間かかってしまいます。
彩ダイニングが提供するメニューと比較しても、自宅で作る食事は限られてしまうので、食べる楽しみがなくなってしまう傾向にあります。
食べることを楽しむことはとても大切なことです。
現在の病状を悪化させてしまわないよう、毎日栄養バランスが整った美味しい腎臓病食を楽しめる彩ダイニングを利用して、美味しい食事を摂取されることをオススメします。

彩ダイニングの腎臓病の方にオススメの宅配食

カロリー・塩分調整コース(1食599円~)
たんぱく・塩分調整コース(1食680円~)
※7食以上の注文で送料無料に!
>>彩ダイニングの口コミ!カロリー・塩分調整コースを体験しました

3.食宅便のお弁当宅配

食宅便は、慢性腎不全や透析を行う腎臓病の方にオススメの制限食(塩分ケア、たんぱくケア)を宅配してくれる宅食サービスです。
現在、慢性腎臓病の患者数は、成人8人に対し1人であると言われています。
腎臓病は私達にとって身近な病気であるものの、毎日の食事療法によって、病気の進行を少しでも遅らせることができるのです。
健康うちごはんでは、そのような腎臓病を患っている方に、食べる楽しみと美味しさを味わうことができるようにたんぱく制限食として、多種多様な献立メニューを展開しています。
どれも見た目にも食欲をそそるような色合いで、ついたくさん食べたいと思ってしまうようなお弁当です。
健康うちごはんは、管理栄養士が監修した、栄養バランスが整った食事メニューで、忙しい毎日でも手軽に食べることができるよう、全て冷凍して配達されます。
食べる前に電子レンジで温めるだけという手軽さです。
また、商品や栄養面についての心配ごとなどは、専門スタッフに相談することができます。

食宅便の腎臓病の方にオススメの宅配食

塩分ケア(おかず7食セット)
たんぱくケア(おかず7食セット)
※全国送料無料
>>理想的な栄養バランスを追求! 日清医療食品の「食宅便」

 

食事宅配料金制限食などの比較

ナッシュ ワタミの宅食 つるかめキッチン シンプルミール ウェルネスダイニング わんまいる 健康三彩 ベルーナ 食宅便

料金(1回分) 4食セット:2,800円(1食700円)
6食セット:3,880円(1食647円)
8食セット:4,780円(1食597円)
10食セット:5,680円(1食568円)
20食セット:11,360円(1食568円)
まごころ手鞠(5食):2,268円(1食453円)
まごころおかず(5-7食):2,851円-3,992円(1食570円)
いきいき珠彩(5-7食):2,962円-4,103円(1食592円)
まごころ御膳(5-7食):2,685円-3,759円(1食537円)
カロリー制限(7食):5,980円4,800円(1食686円)
塩分制限(7食):5,980円4,800円(1食686円)
糖質制限(7食):5,980円4,800円(1食686円)
たんぱく&塩分制限(7食):6,400円5,100円(1食729円)
バランス栄養御膳(7食):5,750円4,600円(1食657円)
やわらか御膳(7食):6,200円4,900円(1食700円)
3食セット:944円~(1食315円) 気配り宅配食(7食):4,300円(1食614円)
カロリー/塩分/糖質制限(7食):4,500円(1食643円)
たんぱく&塩分制限(7食):4,800円(1食686円)
厳選気配り宅配食(7食):4,600円(1食657円)
5食セット4,260円(1食852円)
→ 初回(5食お試し):3,223円(1食645円)
お試しセット(3食):1,900円(1食633円)
カロリーコントロール(7食):4,529円(1食647円)
塩分コントロールA/B(7食):4,529円(1食647円)
通常(10食):5,980円(1食598円)
→ 初回お試し(10食):3,980円(1食398円)
→ 定期コース(10食):2,490円
※定期コース初回:1食249円→2回目以降:1食498円
おまかせ(7食):3,630円(1食519円)
制限食(塩分orカロリーorたんぱく質/7食):4,019円(1食574円)
ソフト食【あいーと】(7食):4,080円(1食583円)
送料 初回:送料1000円オフ
2回目以降:地域ごと送料参照
送料無料 700円(定期コースで送料無料) 送料無料(東京都一部108円) 700円(定期で送料半額) 初回:送料無料
2回目以降:一律850円(北海道、沖縄県:1,950円)
670円 800円 390円
公式・体験談

※料金はすべて税抜表示

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!